つき並みなブログ

ポケモンなど

【剣盾S15最終288位R2000】快速白馬ボルトランド【第29回葉桜杯優勝】

こんにちは。西中つきひ(https://twitter.com/Nishinaka_poke)と申します。

S15お疲れさまでした。自身の結果としてはレート2000と葉桜杯優勝を経験でき、非常に有意義なシーズンでした。葉桜杯・レート戦を通して今期使用した構築について紹介させていただきます。

f:id:Nishinakaduki:20210301124229p:plain

f:id:Nishinakaduki:20210301143747j:plain

f:id:Nishinakaduki:20210301143755j:plain

 

本構築を使った対戦動画はこちらです。よければあわせてご覧ください。

youtu.be

 

コンセプト

本構築のコンセプトである『スカーフ白バドレックス+麻痺撒き』の原案ははるかわさん(中野五月ぽけ (@kihonhabuppa) | Twitter)よりいただきました。

この場をお借りして感謝申し上げます。

 

構築経緯

■ f:id:Nishinakaduki:20210301115310p:plain

白バドレックスはS50属でありながら、最速にしてスカーフを持たせることで実質S101族となり、ミミッキュ、ウーラオス、ゼルネアス、イベルタル、サンダー等より上から動くことができるため、

・対面の有利不利関係の逆転

・一体突破後の高いS+しろのいななきによる全抜き性能

・奇襲によるeasy winも狙える
といった本来と打って変わった性能を得ることができる。

 

■ f:id:Nishinakaduki:20210301115350p:plain

しかしながら、スカーフを巻いても抜けない黒バドレックス、エースバーン、ザシアンらについては、麻痺を撒くことで上からの一貫ができるよう補助する必要がある。そこで、電磁波・鬼火を撒く最速ドラパルトを採用した。

 

f:id:Nishinakaduki:20210301115525p:plain

攻めの補完としてバドレックスの苦手なザシアン・ネクロズマメタグロステッカグヤなどに強めなエースバーンを採用。不意打ちを入れることで黒バドレックスにもやや強い。

エースバーンの苦手なサンダー・ランドロス・ムゲンダイナにはバドレックスが強く、2体の相性は良い。

ここまでは、はるかわさんの原案とほぼ同じ。

 

f:id:Nishinakaduki:20210301121711p:plain

ここまでレヒレがやばいのと、カイオーガが裏から出てきては為す術がないため対カイオーガ・ゼルネアス入りへの選出に組み込むためナットレイを採用。

 

f:id:Nishinakaduki:20210301120020p:plain

ここで、2体のエースに共通する弱点としては、ステルスロックが抜群で入ることである。ドラパルトが挑発を覚えないため、カバルドンラグラージに対しては展開を阻害する術がない。また、フェローチェトリプルアクセルでドラパルトがタスキを貫通して上から倒されてしまう。

この枠に求めたのは、

・タスキを持たずとも行動保障(特に対フェローチェ)のある麻痺撒き

・カバ・ラグ展開の阻害と削りができること

で、いたずらごころボルトロスが当てはまり、採用。

 

f:id:Nishinakaduki:20210301122236p:plain

当初、この枠はザシアンメタとしてのヌオーだったが、ヌオーは実際ザシアンをピンポイントで見ることしかできず、取り巻きのサンダーやラプラスに弱い。一見有利そうなネクロズマにも特性貫通技やアシストパワーで役割が持てず、腐りがちな枠になっていた。

またエースバーンのダメージ計算機の結果とネクロズマへの実際のダメージとの間に違和感を感じていた。そう、キョダイカキュウはプリズムアーマーを貫通しないのである。(優遇特性過ぎる…)

エースバーンだけでは、対ネクロズマに対して弱保を考えると有利とはいえない。

エースバーンにダイサイコがないため、ドヒドイデもきつい。

そこで、麻痺展開がうまくいかなかったときのザシアン、エースバーン、ネクロズマに対してある程度有利で、S操作もでき、自ら抜きエースにもなれるHBに厚めの剣舞ランドロスを採用し、構築を完成とした。

 

単体紹介

 

f:id:Nishinakaduki:20210301125241p:plain

バドレックス(はくばじょうのすがた) 

努力値:A252 S252 D4

実数値:175-217-170-x-151-112

特 性:じんばいったい

持ち物:こだわりスカーフ

 

f:id:Nishinakaduki:20210301131051p:plain ブリザードランス f:id:name_is_nama:20200505175016p:plain インファイト

f:id:name_is_nama:20200505174411p:plain トリック     f:id:name_is_nama:20201122215625p:plain 10まんばりき

 

サンダーイベルタルウーラオスミミッキュあたりを上から奇襲できたときが一番楽しかった。

トリックがあるため、ランクルス等の詰ませにも強いのも偉いポイント。

麻痺なぞ撒かなくてももともと通りがよさげなときは、積極的に初手からも投げていった。

きんちょうかんはオボン・イバンを無効化し、オボン前提で本来1度は可能な後出しを不可能にしたりと、かなりの強特性であることを認識した。

 

f:id:Nishinakaduki:20210301125806p:plain

ドラパルト

努力値:C252 S252 D4

実数値:163-x-95-152-96-213

特 性:すりぬけ

持ち物:きあいのタスキ

f:id:Nishinakaduki:20210301130746p:plain りゅうせいぐん  f:id:name_is_nama:20200505175301p:plain おにび

f:id:Nishinakaduki:20210301130511p:plain たたりめ     f:id:Nishinakaduki:20210301130428p:plain でんじは

 

終盤は初手悪ラオス対面で鬼火を押し続ける機械となっていた。

だいたいのザシアンより基本的には早く動けた。

初手ダイマサンダーと相対するのがあまり美味しくない展開。

※選出は圧倒的にドラパルトのほうが多かったのにボルトランドの語呂がいいので記事タイトルには入りませんでした。ごめんねドラパルト。

 

f:id:Nishinakaduki:20210301131610p:plain

エースバーン

努力値:A252 S252 D4

実数値:155-168-95-x-96-188

特 性:リベロ

持ち物:いのちのたま

f:id:name_is_nama:20200505174950p:plain とびはねる  f:id:name_is_nama:20200505175301p:plain かえんボール

f:id:name_is_nama:20200505180019p:plain ふいうち   f:id:name_is_nama:20200505175016p:plain とびひざげり

 

不意打ちは黒バドレックスに強くなるだけでなく、初手に白バド相手にダイマしてきたイベルタルやサンダーに対してもブリザードランス+ふいうちでだいたいは縛ることができるため、白バドの初手対面時の技選択を安定行動にできる意味合いもあり、切っても切れない技だった。ダイジェットも、裏のザシアンを考えると必須。

そうなるとダイアタックがないため、どうしてもサンダーには弱くなる。

ジェット後にいじスカーフエースバーンを抜きたかったので、最速採用。

f:id:Nishinakaduki:20210301013604p:plain

ナットレイ

努力値:H252 B44 D214

実数値:181-114-157-x-179-22

特 性:てつのとげ

持ち物:たべのこし

f:id:name_is_nama:20200505173942p:plain パワーウィップ f:id:name_is_nama:20200505173942p:plain やどりぎのたね

f:id:name_is_nama:20200505174414p:plain まもる       f:id:Nishinakaduki:20210301131943p:plain ジャイロボール

 ドリュウズミミッキュ、ウオノラゴン、ネクロズマなど、物理相手もこいつで見たい相手は多かったので、ダメ計を回してなんとなくカイオーガが大丈夫そうなラインまで振ってほんの気持ちだけBに回した。ドリュウズをミリ耐えして拾った試合もあったので良かった。

この型が一番汎用性はあると思っているが、ミラーや身代わりネクロズマまで考えると鉄壁ボディプレスも捨てがたい。鋼を切るとゼルネがつらく、ウィップをきるとカイオーガがきつい。技スぺが足りない。

※葉桜では守/ジャイロ→鉄壁/ボディプレス

f:id:Nishinakaduki:20210301132503p:plain

ボルトロス

努力値:H252 B252 D4

実数値:186-x-134-145-101-131

特 性:いたずらごころ

持ち物:ひかりのこな

f:id:Nishinakaduki:20210301130428p:plain 10まんボルト   f:id:name_is_nama:20200505173942p:plain くさむすび

f:id:name_is_nama:20200505180019p:plain ちょうはつ    f:id:Nishinakaduki:20210301130428p:plain でんじは

ステロ展開の阻害と草技打点は確かに先ほどの条件を満たしているが、フェローチェトリプルアクセルに弱いのは変わりないのでは・・?

そこで思いついたのがひかりのこな。

先制で電磁波を当てれば、麻痺らない×トリプルアクセルが3回当たる確率は

0.75x0.81x0.81x0.81でだいたい39.8%となり、40%を下回る。

そもそも、HBのため強化アイテムがなければ3発全段Hitしても一度は耐えられるため、数値上は大分有利になるといえる。

エースバーンやザシアンの火炎ボール、じゃれつくについても命中が8割+麻痺になるので多少の採用価値はあったかもしれない。

※葉桜では混乱実を持たせていた。

 

f:id:Nishinakaduki:20201214063212p:plain

ランドロス

努力値:H252 A36 B188 D4 S28

実数値:196-187-134-x-101-115

特 性:いかく

持ち物:オボンのみ

f:id:name_is_nama:20200505174950p:plain そらをとぶ  f:id:name_is_nama:20200505183334p:plain がんせきふうじ

f:id:name_is_nama:20201122215625p:plain じしん    f:id:name_is_nama:20200505174414p:plain つるぎのまい

※調整の参考とした元記事を忘れてしまいました。発見次第追記します。

エースバーンにダイサイコがないため、ドヒドイデへの打点も評価して採用している。

相手のエースバーン、ネクロズマに強くなるようHBベース。

剣舞で崩しもできつつ、岩石封じでS操作しバドレックスで上から縛るためのサポートもこなす。

ネクロズマ入りには勝率を上げたが、対ザシアンは苦しい試合運びになることも多かった。

 

主な選出

f:id:Nishinakaduki:20210301115350p:plainf:id:Nishinakaduki:20210301115310p:plainf:id:Nishinakaduki:20210301115525p:plainorf:id:Nishinakaduki:20210301122236p:plain:攻めよりの基本選出

f:id:Nishinakaduki:20210301115350p:plainf:id:Nishinakaduki:20210301121711p:plainf:id:Nishinakaduki:20210301115310p:plainカイオーガ

f:id:Nishinakaduki:20210301120020p:plainf:id:Nishinakaduki:20210301122236p:plainf:id:Nishinakaduki:20210301115310p:plain:カバ・ラグ・フェロ入り、ザシアンやネクロズマ相手など

 

割と柔軟に刺さりの良いエースを選んでました。

重いポケモン

・オーロンゲ始動の壁展開。

ドラパも有効打がなく、ボルトの挑発も効かず。

・メテオビームムゲンダイナ

ブリザポスが確1。とは言え初手対面ダイマしてもカグヤに引かれると弱い。対面したらお祈り案件。このルール、強い型がいくつもある伝説が最強だと思っている。

・ザシアン

当初はヌオーがパーティにいたが、ネクロズマを重く見てランドロスに変更している。

うまく状態異常をかいくぐられ、ランドロスの対面処理にも失敗すると負けにつながりやすかった。

ヒヒダルマ

ドラパがとんぼで麻痺も撒けずタスキ削られてしまうので、ボルトを生贄に上から電磁波を入れるしかなかった。(1勝1敗)

葉桜・BO3時の感想

BO3(2本先取)においても1戦目でブリザポスで奇襲、2戦目でブリザポスの選出圧力で相手の出せうる先発を絞り込むといった動きもでき、スカーフと型ばれした後も強く立ち回れたため、相性の悪くないルールだと感じた。

 

宣伝

本構築にご興味を持たれた方は、レンタル公開しておきますのでご自由にお使いください。

f:id:Nishinakaduki:20210301154734j:plain

 

また、下記YouTubeにて、Vtuber活動を始めました。ランクマの実況動画や配信をこれからマイペースにしていきたいと思っています。

本構築を使った最終日付近の動画も後日あげようと思っているのでもしご興味あればチャンネル登録しておいていただけると嬉しいです。

西中つきひ - YouTube

 

 

あとがき

命中不安技を前提とした構築のため、どうしても上振れ・下振れが起きてしまうのが難点でした。戦法としてもそこまで褒められるものではないかもしれませんが、麻痺を撒く最大の目的はバドレックスの一貫作りだということをご理解いただければと思います。ただそれでも葉桜杯後の型バレ後でもR2000まで116戦と比較的安定した勝率で到達できたので、そこそこの完成度にはなったのではないかと思います。

最近はそこまでランクマに潜れておらず、久しぶりにレート2000に乗せられたので満足しています。今後はここからさらに上を目指せるよう精進します。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

SpecialThanks

原案のはるかわさん(再)

終盤ポ通でモチベあげてくれたげろりんさんムラオさんまぐなむさん

葉桜杯運営の方&対戦いただいた方&応援してくれたすべての皆様

amongusで遊んでくれた皆様

ありがとうございました。